日時
2018年8月29日(水)  ①14:00 ②19:00(開場は各回15分前)
会場
おおぶ文化交流の杜allobu こもれびホール
料金
全自由席 前売800円 当日1,000円

※未就学入場不可
【託児サービス/1名につき500円】8/26(日)までにネットワーク大府(0562-85-7028)へ。(8:30~17:30)

映画『スティールパンの惑星』公式サイト
2018年8月5日(日)チケット発売!
■allobu 総合案内カウンター(9:00~20:00)
allobu ホームページ オンラインチケットサービス(発売初日10:00~)   ※10日以内に引換が必要(ファミリーマート発券は手数料がかかります。)
*購入済みチケットの交換・再発行及び公演中止(延期)以外の払い戻しはできません。
*車椅子席をご希望の方はallobu総合案内カウンターにて直接ご購入ください。

----------------------------------------------------------------------------------

託児サービス(事前予約制・先着順)
料金:子ども1名につき500円
8/26(日)までにネットワーク大府(0562-85-7028)へお申し込みください。(8:30~17:30)
*本公演のチケットを購入された方のお申し込みに限ります。




 
主催・お問い合わせ
主催 おおぶ文化交流の杜allobu・大府市 お問い合わせ おおぶ文化交流の杜allobu 総合管理室 TEL:0562-48-5155(9:00~22:00)

カリブ海最南端のちっぽけな島トリニダード・トバゴで生まれた
世界で一番新しい楽器 スティールパン
その創世と今を、時空を超えて描く ドキュメントドラマ

 

 

カリブ海最南端に位置するトリニダード・トバゴ共和国で生まれ、ドラム缶から作られた打楽器スティールパン。その誕生と現在をノンフィクションドラマやインタビューなどを交えて描いていく。1940年代、イギリスの植民地でアメリカの軍事基地だったトリニダード・トバゴではアフリカのドラムが禁止されていた。しかし、音の出るものなら何でも叩きまくるというリズムへの情熱に突き動かされた少年たちが廃棄物だったドラム缶を盗み、それがスティールパンの原型となった。貧困と抑圧の中から生まれた誕生秘話をノンフィクションドラマとして描くほか、スティールパンのレジェンドたちによって語られる暴力のかわりに音楽で争うこととなった背景や、日本、フランス、アメリカのスティールパン奏者たちを追ったドキュメンタリーなどから、スティールパンという20世紀に発明されたアコースティック楽器の歴史や魅力が描かれる。